◆個人情報保護に関する基本方針

平成17年4月1日 株式会社 毎日放送

毎日放送は、高度情報通信社会の進展にともなって、個人情報の利用が著しく広がるなか、その取扱いを慎重に行い、個人の権利利益が侵害されることのないよう万全を期します。
毎日放送の業務に関わるすべての者が、放送の社会的責任を果たすために、この「個人情報保護に関する基本方針」を定めました。
毎日放送は個人情報に係る法令等の遵守徹底を図ることはもとより、ここに定めた「個人情報保護に関する基本方針」を自ら規律をもって遵守します。

1.個人情報とは、氏名・住所・電話番号・電子メールアドレス・生年月日などにより、特定の個人を識別できる情報のことです。毎日放送では、視聴者・聴取者の皆様に各種サービスを行う際、皆様に個人情報の提供をお願いすることがあります。

2.皆様に個人情報の提供をお願いするときは、その利用目的をできる限り具体的に明らかにし、その目的に必要な範囲内で、適正な方法により行います。

3.個人情報は、その利用目的に応じて正確で最新の内容を保つよう努めます。

4.個人情報は、法律に定められている場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ない限り、他の目的に利用したり、第三者に提供することはありません。

5.個人情報は、定められた責任者のもとで適切な保護体制を作り、安全に管理します。

6.個人情報は、その利用目的に応じて最短に定めた保存期間を明らかにし、保存期間の終了とともに確実に廃棄するよう努めます。

7.個人情報の管理や処理を関係者に委託するときは、個人情報を適切に取扱っていると認められる者を選定し、必要な安全管理が図られるよう契約を締結するなど適切な方法により行います。

8.個人情報に関して、ご本人から情報の取扱いにつき法律に基づく申し出があった場合や、苦情が寄せられた際は、誠実に対応します。

9.個人情報に関して、漏えいや紛失などの事態が発生した場合は、速やかに適切な措置を講じます。

10.国民の知る権利に奉仕し、表現の自由を担う報道・著述を目的とした個人情報の取扱いにつきましては、「個人情報の保護に関する法律」の義務規定の適用除外となっていますが、放送の社会的使命に照らし、その適切な保護に努めます。

以上